愛知の遺品整理なら「遺品整理士認定」を持つ業者が重要 » 愛知で見つける!遺品整理業者の探し方 » 遺品整理の仕分けは明確にしておく

遺品整理の仕分けは明確にしておく

遺品整理をしていく時、何が必要でしょうか。分からないことがあまりにも多いと不安になりますね。何を残せばいいのでしょう。

分からないものは業者に確認するのもいいかもしれません。一人で悩まないことが大事です。

遺品整理で残すものとは?

遺品整理で残すものは、遺言書です。遺産をどう分けていけばいいかが書いてあります。遺言書がないケースもありますが、あった場合は故人の遺志を尊重する必要性があります。

次に、資産価値があるものです。それは自分たちが必要としていないものでも当てはまります。有効活用できる品をリサイクルショップに持ち込んだり、業者に頼むとお金になることがあります。

手軽なリサイクルショップより専門の買い取り業者に頼むほうがいいので調べておきましょう。また、必要とする人がいる場合も残しておくといいですね。

処分するものを減らして、リサイクルすると、きっと故人も喜びます。

遺品整理で残すものの選び方

遺品整理で残すものはどう選べばいいか、悩みますね。答えは、迷ったものは残すことです。遺品を一度捨ててしまうと、二度と戻ってきません。

思い入れのある品を捨てて後悔することはないように気をつけましょう。

また、故人がリースで借りていたものを、間違えて捨ててしまわないようにする必要もあります。弁償しなければいけません。

仕分けでは現金、通帳、宝石などがあれば大丈夫、ではありません。自分だけではく、相続人全員との意見を聞くことも大事です。

あとでもめ事が起きないように、念には念をいれましょう。遺品整理をしている当人だけの問題ではないのです。

遺品整理の仕分けのポイント

遺品整理の仕分けのポイントは、残す遺品をリストアップすることと、業者に頼めないか確認することです。

リストアップしておけば、何もない状態で遺品整理をするよりずっと整理のスピードが上がります。業者、遺品整理のプロに頼めば、的確に整理を行ってくれます。

自分でやるより費用はかかりますが、時は金なり、です。いつまでも終わらない遺品整理を一人で抱えず、プロに頼ることも必要かもしれません。

もちろん自分でできれば、自分や家族、親戚と作業をするのもいいでしょう。遺品のリストアップと、できることとできないことを判断することが仕分けのポイントです。

「遺品整理士認定」を持つ愛知のおすすめ業者3選
困った時にいつでも即対応・深夜対応も可能
AOKIYA
AOKIYAキャプチャ画像
引用元:公式HP
https://www.aokiya-katazuke.com/
軽トラック1台:13,000円~
自社スタッフ
即日対応
24時間受け付け
深夜対応
代理供養
明朗会計
サービスを確認

電話で問い合わせる

お部屋指定遺品整理にも対応
東海遺品サービス
東海遺品サービスキャプチャ画像
引用元:公式HP
http://www.tokaiihin.com/
軽トラック1台:15,000円~
自社スタッフ
即日対応
24時間受け付け
深夜対応
代理供養
明朗会計
サービスを確認

電話で問い合わせる

不要物をできる限りリユース・リサイクル
ZEROPLUSE
zeroplusキャプチャ画像
引用元:公式HP
https://www.kaishu-zeroplus.net/
軽トラック1台:29,800円~
自社スタッフ
即日対応
24時間受け付け
深夜対応
代理供養
明朗会計
サービスを確認

電話で問い合わせる