愛知の遺品整理なら「遺品整理士認定」を持つ業者が重要 » 愛知で見つける!遺品整理業者の探し方 » 遺品整理業者の選び方

遺品整理業者の選び方

遺品整理業者をどのように選べばよいのでしょうか。業者を選ぶ際のチェックポイントをまとめました。そもそも遺品整理ではどのような作業が必要で、業者にどんなことを依頼することになるのかという点も解説します。

遺品整理では、どんな作業が必要か

そもそも、遺品整理では具体的にどんな作業をするのでしょうか。その点を知っておくことで、「どんな作業ができる業者に依頼すればよいのか」が分かります。

遺品の片付けと仕分け

遺品整理では、遺品の中から「残す物」と「処分する物」を仕分けします。

事前に、何を残すのかを業者に指示しておけば、作業中にずっと立ち会う必要はありません。このような作業は「清掃・片付け代行」をしている業者でも対応してくれることがあります。

どこにしまってあるのかが分からなくなっていて、探してほしい物があれば、事前にお願いすることで捜索してくれることもあります。

不用品・処分する物の回収

捨てる物がたくさんある場合、それを家から運び出してトラックに積み、回収してもらう作業が必要になるでしょう。

このような作業は「不用品回収業者」でも対応してくれますが、部屋の片付けなどは対応してくれないことがあります。

遺品整理においては、部屋の「片付け・仕分け」と「不用品の回収」の両方に対応している業者を探す必要があるのです。

不用品の買取

遺品の中に、まだ使える家電製品や貴金属など、価値のある物があれば「買取」してもらうことで、少しでも遺品整理の費用を浮かせることができます。

部屋の片付けや不用品回収はできても買取に対応していない業者に依頼した場合、別途、リサイクルショップなどに依頼して買取してもらう必要があるので、二度手間になってしまうことがあります。

買取にも対応している業者を選ぶことで、不用品の処分と買取をまとめて対応してもらえるので、効率的です。

供養・お焚き上げ

故人が大切にしていた遺品を、普通のゴミと一緒に処分することに抵抗がある方もいるでしょう。そのような場合に、遺品を「供養」や「お焚き上げ」という形で処分するという選択肢があります。

これは遺品整理業者ならではのサービスで、「清掃・片付け代行業者」や「不用品回収業者」では対応していないことが多いです。

遺品をお寺などに持ち込んで供養したり、現地で供養しながら作業したりなど、方法はいくつかあります。

納得のいく方法で供養してくれる業者を選ぶようにしましょう。

ハウスクリーニング・特殊清掃

物を片付けるだけでなく、部屋をきれいに清掃するハウスクリーニングも必要でしょう。故人の死因によっては「特殊清掃」も必要になります。

「特殊清掃」とは、自殺や孤独死の現場などで必要となる清掃作業です。体液などの特殊な汚れを除去し、強い臭いを取るためにオゾン脱臭機を操作するなど、特殊な技術が求められます。

ハウスクリーニングや特殊清掃の技術を持った業者を選びましょう。

リフォーム・解体

一人暮らしの親が亡くなり、その家がもう不要になったので、取り壊したいなど、遺品整理にともなって「家屋の解体」が必要になることもあります。

解体とまではいかなくても、遺品整理のついでに「リフォーム」をしたいという希望があれば、建設関係の技術がある業者の方が便利でしょう。

部屋の汚れや劣化がひどい場合は、クリーニング作業と同時に、床の貼り換えや、設備の修理が必要になることもあります。

遺品整理業者の中には、「リフォームのサービスもしている」など、建設関係の技術が高い業者もあるので、確認してみましょう。

相続問題の相談

遺品整理には相続の問題が関係します。

遺品をどのように取り扱い、相続人の間でどのように分けるのかを決めなければなりません。

状況によっては、相続税などの関係で税理士などに相談する必要があるかもしれません。

遺品整理業者の中には、そのような問題に精通していて、税理士などを紹介してくれることもあります。

遺品整理業者を選ぶ際のチェックポイント

具体的に遺品整理業者を選ぶ際に、チェックするべきポイントを紹介します。

電話や見積りでの対応はどうか

まずは電話や見積りでのスタッフの対応をチェックしましょう。

対応の仕方が丁寧で、見積りでの説明が分かりやすいかどうかを確認します。対応が雑だったり、見積りの内訳などの説明が分かりにくかったりする業者を利用してしまうと、誤解が発生してトラブルにつながるかもしれません。

遺品整理は、複雑な感情が影響するものです。電話や見積りでの対応が雑な業者を選んでしまうと、雑な仕事をされるリスクだけでなく、感情面でマイナスの影響を受ける可能性もあります。「故人の遺品を無造作に扱われる」といった行為は、その最たるものでしょう。

その対応のスピードについてもチェックしましょう。メールなどの問い合わせに対してすぐに答えてくれるなど、対応が早い業者は、丁寧かつ迅速に作業してくれる可能性が高いといえます。

女性スタッフがいるかどうか

希望があれば女性スタッフを派遣してくれるかどうかをチェックしましょう。

遺族によっては、「男性に遺品を触られたくない」「男性スタッフには相談しにくい事情がある」という人もいます。重い物の運搬は男性スタッフでよくても、女性スタッフに対応してほしい部分もあるでしょう。

男性には相談したくないことがあるなど、女性スタッフがいた方が助かる場面はいろいろあります。

多くの遺品整理業者の公式サイトでは、「女性スタッフ対応可能」などの記載があるので、確認してみましょう。

「遺品整理士」がいるかどうか

その会社に「遺品整理士」の有資格者が在籍しているかどうかも重要なチェックポイントです。

遺品整理士は、遺品整理士認定協会によって管理されている民間資格です。遺品整理に必要な知識があり、適切な対応ができることが認められた個人に与えられます。

遺品整理士が在籍している事業所の中で、特に「法規制を守り、遺品整理業務を真摯に行っている」と協会に認められた業者は「優良事業所」として認定されます。

遺品整理業をするために遺品整理士の資格は必須ではないので、無資格で活動している業者もいるでしょう。そのような会社は、単に不用品回収業の延長として作業しているだけで、きちんとした遺品整理のノウハウが無いかもしれません。

できるだけ「遺品整理士の有資格者が在籍」や「優良事業所」などの表記のある業者を選ぶようにしましょう。

不用品の運搬に必要な許可・届出の有無

不用品を運搬するために必要な許可や届出をしているかどうかもポイントです。許可を得ていない場合、提携している他の会社に業務委託することになり、費用が余計にかかる可能性があります。

例えば「一般廃棄物収集運搬許可」があるかどうかを確認しましょう。この許可が無い業者は、自社のスタッフによる廃棄物の運搬ができないので、合法で作業をするには他の会社と提携するしかありません。

遺品を別の場所に運搬する場合や、生前整理などで引越し作業も依頼する場合は、運送事業の許可が必要です。そのために必要な「一般貨物自動車運送事業許可」もしくは「貨物自動車運送事業」の届出があるかどうかも確認しましょう。

特殊清掃の技術があるか

特殊清掃をするために必須の資格はありませんが、高い技術を持った業者に依頼したいところです。特殊清掃に関係する「事件現場特殊清掃士」などの資格があるかどうかを確認しましょう。

「事件現場特殊清掃士」は、事件現場特殊清掃センターが管理する民間資格です。特殊清掃に関する正しい知識を持っていることが認められた人に与えられます。特殊清掃のスキルが高いかどうかを見極めるための、一つの基準になる資格です。

古物商許可はあるか

「古物商許可」や「遺品査定士」の資格があるかどうかも確認しましょう。

古物商許可は、中古品の売買をするために必要です。この許可が無い業者は、買取った不用品を販売できないので、買取対応ができません。

遺品査定士とは、遺品の査定と買取をするための資格です。遺品の買取対応をするために必須の資格ではありませんが、適正価格で買取りしてくれる業者を見極めるために役立ちます。

ゴミ屋敷清掃の実績があるか

遺品が大量にあり、ゴミ屋敷状態になっているケースでは、ゴミ屋敷清掃の実績がある業者に依頼することも大切です。

ゴミ屋敷の清掃は、単に物を片付けるだけではない特別な技術が求められます。

物があふれた部屋での作業は、慣れていないと余計に時間がかかってしまうものです。作業が効率的に進まないと、それだけ余計な人件費がかかり、費用が高くなってしまいます。

ゴキブリやハエなどの害虫駆除をする技術や、近所に配慮して作業するノウハウなどが求められる作業です。

部屋が物であふれた状態になっている場合は、遺品整理だけでなくゴミ屋敷清掃のサービスも提供している会社を選ぶようにしましょう。

遺品整理業者を探す方法・見つけ方

では実際に利用する遺品整理業者を見つけるための、具体的な方法を紹介します。

インターネット検索する

まずはどのような遺品整理業者があるのか、インターネットで検索してみましょう。

地域ごとに検索するのがポイントです。県名などを検索ワードに含めるとことで、近くの業者の公式サイトが表示されやすくなります。

いくつかの遺品整理業者の候補が表示されたら、それぞれの公式サイトを確認して、どのような業者なのかを確認しましょう。

口コミ情報についても確認し、サービスの質がどのようなものかをチェックします。このサイトには、主な業者の口コミ情報を載せているので、ぜひ参考にしてください。

相見積りで比較する

遺品整理業者の候補が決まったら、それぞれに見積りを出して「相見積り」をしましょう。多くの業者は無料で訪問して見積りを出してくれます。

公式サイトに料金の目安が載っているとしても、遺品の量や内容によっては料金が変わります。そのため、実際に訪問して見積りを出してもらわないと、料金の詳細を知ることはできません。

他の業者が出した見積りを提示することで、値引き交渉ができることもあります。この記事で紹介したチェックポイントを確認しながら、まずは3社ほどの業者に相見積りを出してみましょう。

「遺品整理士認定」を持つ愛知のおすすめ業者3選
困った時にいつでも即対応・深夜対応も可能
AOKIYA
AOKIYAキャプチャ画像
引用元:公式HP
https://www.aokiya-katazuke.com/
軽トラック1台:13,000円~
自社スタッフ
即日対応
24時間受け付け
深夜対応
代理供養
明朗会計
サービスを確認

電話で問い合わせる

お部屋指定遺品整理にも対応
東海遺品サービス
東海遺品サービスキャプチャ画像
引用元:公式HP
http://www.tokaiihin.com/
軽トラック1台:15,000円~
自社スタッフ
即日対応
24時間受け付け
深夜対応
代理供養
明朗会計
サービスを確認

電話で問い合わせる

不要物をできる限りリユース・リサイクル
ZEROPLUSE
zeroplusキャプチャ画像
引用元:公式HP
https://www.kaishu-zeroplus.net/
軽トラック1台:29,800円~
自社スタッフ
即日対応
24時間受け付け
深夜対応
代理供養
明朗会計
サービスを確認

電話で問い合わせる