愛知の遺品整理なら「遺品整理士認定」を持つ業者が重要 » 愛知で見つける!遺品整理業者の探し方 » 遺品整理業者に依頼する際の当日の流れ・注意点

遺品整理業者に依頼する際の当日の流れ・注意点

遺品整理業者に作業を依頼する場合、当日はどのような流れで作業が進むのでしょうか。当日までの準備と、作業後の流れも含めて確認しておきましょう。

遺品整理の当日までに準備しておくこと

遺品整理業者に依頼するとしても、全てを丸投げできるわけではありません。遺族がしっかり準備しておくことで、作業がスムーズに進みます。当日までに必要な準備をしておきましょう。

残す物を決めておく

遺品の中で、処分せずに保存する物をあらかじめ決めておきましょう。

「可燃ごみ」「不燃ごみ」などの分別は必要ありませんが、「捨てる物」と「捨てない物」の分別しておくことは大切です。

あらかじめ決めておかないと、その都度確認しながらの作業になってしまうので、必要以上に作業の時間がかかってしまいます。

遺品に関する指示しておく

遺品として残しておく物が決まったら、それを仕分けして移動するまではしなくても、あらかじめ指示を出しておきましょう。

「どこにしまってあるのか分からないけど、見つけたら残してほしい」という物があれば、そのことも伝えておきます。

触らないでほしい場所や、片付けないでほしい部屋などがあれば、その点も伝えます。

指示が分かりやすいように、マスキングテープを付けたり、メモなどの資料を作って遺品整理業者に渡したりしてもよいでしょう。

水道や電気が止まっていないか確認

水道や電気が止まっていないかどうかについても、事前に確認する必要があります。

遺品整理業者は片付け作業が終わった後に部屋の清掃をしてくれるので、そのときに水道が必要です。

また電気が通っていないと、暗い中での作業となって効率が悪くなります。清掃作業のときにも、掃除機やその他の機材を動かすのに電気が必要です。

電気と水道というインフラが止まっており、「当日になって清掃ができない」ということにならないようにしましょう。

作業当日の流れ・注意点

では作業当日の基本的な流れを確認しましょう。ほとんどの作業は遺品整理業者が行いますが、遺族にも、ある程度の対応が必要です。

近隣への挨拶

作業が始まる時間までに、できるだけ近隣の人へ周知・挨拶をしておきましょう。

作業の理由を知られたくないとしても、「トラックが入ります」「大きな音がするかもしれませんので、ご迷惑をおかけしますがご了承ください」と伝えておけばOKです。

仕分けや搬出の作業によって騒音が発生することをあらかじめ伝えておかないと、苦情などの思わぬトラブルを招くかもしれません。

事情を細かく説明する必要はありませんが、集合住宅ではエレベーターなどの使用頻度が高くなることについても伝えておきます。

自分で挨拶するのが難しければ、遺品整理業者にお願いすることも可能です。

片付け作業の理由について、近隣に知られたくないなどの事情があれば、そのことも業者に伝えておきましょう。秘密厳守での作業を徹底してくれます。

作業の立ち合い

作業開始時に遺品整理業者に鍵を渡して、作業開始に立ち合います。

その後、作業中もずっと立ち会う必要はありません。必要な指示を出していれば、あとは作業の完了を待つだけです。

作業中に、事前には分からなかったことが判明し、遺族への確認が必要なことが発覚する可能性もあるので、すぐに連絡がつくようにしておきます。

できれば現場の近くで待っていた方が無難ですが、遠くで待っているとしても、電話にはすぐに出られるようにしておきましょう。

「忙しくて立ち会えない」「離れたところに住んでいて現場に行くのが大変」などの事情があれば、立ち合いをしなくても作業してくれる業者がほとんどです。その場合は事前に鍵を渡しておきます。

作業完了後の流れ

最後に、作業が終わった後の流れを確認しましょう。回収した遺品を、遺品整理業者がどのように扱うのかについても紹介します。

部屋の状態を確認

作業が完了したら、仕上がりを確認しましょう。部屋の中だけでなく、倉庫や庭、ベランダ、収納の中など、作業の忘れが無いかどうかを確認します。

後になって忘れていることが判明すると、また訪問してもらったりなどの手間が増えることになります。

しっかり清掃してくれているかどうかも含め、作業の仕上がりをじっくり確認しましょう。

料金の支払い

基本的には作業が完了した当日に、現金で支払いをして、領収書を受け取ります。

遺品整理業者によってはクレジットカード払いや、銀行振込による後払い、分割払いにも応じてくれることがありますので、希望があれば事前に確認しましょう。

遺品の配送や供養

処分せずに大切に残した遺品は、その場で持ち帰ることもできますが、宅配便で自宅に配送をしてもらうこともできます。

送り先が複数ある場合でも「形見分け対応」ということで、分割して配送してくれることがほとんどです。

処分する物については、多くの遺品整理業者が「供養」「お焚き上げ」という形で丁寧に扱ってくれます。

完了後に「供養証明書」を自宅に郵送してくれて、きちんと供養したことが確認できるようにしてくれる業者もあります。

「遺品整理士認定」を持つ愛知のおすすめ業者3選
困った時にいつでも即対応・深夜対応も可能
AOKIYA
AOKIYAキャプチャ画像
引用元:公式HP
https://www.aokiya-katazuke.com/
軽トラック1台:13,000円~
自社スタッフ
即日対応
24時間受け付け
深夜対応
代理供養
明朗会計
サービスを確認

電話で問い合わせる

お部屋指定遺品整理にも対応
東海遺品サービス
東海遺品サービスキャプチャ画像
引用元:公式HP
http://www.tokaiihin.com/
軽トラック1台:15,000円~
自社スタッフ
即日対応
24時間受け付け
深夜対応
代理供養
明朗会計
サービスを確認

電話で問い合わせる

不要物をできる限りリユース・リサイクル
ZEROPLUSE
zeroplusキャプチャ画像
引用元:公式HP
https://www.kaishu-zeroplus.net/
軽トラック1台:29,800円~
自社スタッフ
即日対応
24時間受け付け
深夜対応
代理供養
明朗会計
サービスを確認

電話で問い合わせる